二重整形にかかる料金はいくらぐらい?

二重整形にかかる費用は、施術方法によって異なります。

 

プチ整形と呼ばれる「埋没法」で施術をした場合は5〜10万円前後が相場と言われています。

 

一方メスを入れる「切開法」で施術を行う場合、埋没法よりも費用は高く、20〜30万円程度が相場となるでしょう。

 

整形を受けるクリニックによって、価格には多少の誤差はあるものの、料金だけで決めるのではなく、施術実績なども考慮して病院選びをしたいですね。

 

またクリニックによっては手術費用をローン払いできるケースも多いですよ。

 

二重整形の注意点

二重整形をしたい!大きな目になりたい!と考えている人は多いでしょう。

 

ここでは二重整形をする前に知っておきたい注意点をまとめてみますね。

 

・学生は二重整形できるの?

二重整形に関しては親の同意があれば未成年でも施術は可能です。

 

クリニックによっては学生さん対象で、費用を安くしているところもあるのでお得に施術できそうですよ。

 

未成年の方は、保護者の同意書が必要で、15歳以下の方は親権者の同伴が必要になる場合が多いでしょう。

 

・腫れやすいのはどんな場合?

二重整形の術後はまぶたが多少腫れます。

 

特に腫れやすいのは、幅が広い場合、アイプチなどでまぶたの皮膚がかぶれている場合、瞼が厚い場合などです。

 

・右目と左目同じようにできるの?

ある程度までは大きさをそろえることができます。

 

目は二重の幅だけで形が決まっているわけではないので、二重の幅をミリ単位で揃えることはできても、目の形を同じにすることは難しいでしょう。

 

二重幅を片目にそろえたい!という場合には、片目だけの手術も可能ですよ。

 

二重整形の流れと整形後

二重整形は日帰り手術で行われます。

 

週末お休みの人はダウンタイムも考慮して、金曜に施術をする人が多いですよ。

 

施術前にはカウンセリングを行い、まぶたの状態、目の形を確認してから、希望の二重ラインにマークをします。

 

左右が対象か、どのような二重ラインになるかを事前に確認してから処置を行います。

 

局所麻酔を行い、施術を行いますが、時間は10〜20分程度でしょう。

 

施術後は、腫れや内出血などのダウンタイムがあります。

 

腫れは数日〜1週間程度でほぼ落ち着きます。

 

また人によっては内出血を起こすことがあります。

 

内出血はメイクで隠せる程度で済む場合が多く、時間が経過すればなくなるので心配はいりません。

 

二重の整形の種類

埋没法について

埋没法は二重整形の中で一番人気のある施術方法で、医療用の糸で上まぶたの皮膚の二重ラインと眼瞼挙筋をとどめて二重まぶたにします。

 

・メリット

メスを使わず、糸を皮膚に埋め込んでいくので、体への負担が少なく傷口も最小限に抑えることができるため、ダウンタイムが短いです。

 

施術後すぐに普段通りの生活を送ることができるでしょう。

 

また二重の幅の変更が自由自在な点も埋没法のメリットと言えます。

 

万が一デザインが気に入らなかった場合、糸を取り外して幅の変更をすることもできますよ。

 

さらに、埋没法は施術費用がリーズナブルなので安く短期間でプチ整形したいという人にぴったりです。

 

・デメリット

糸だけで留めている施術なので、摩擦や衝撃によって二重ラインが取れてしまう可能性があります。

 

また、埋没法は40歳以上の中高年でたるみが多い場合には施術が難しいです。

 

切開法について

切開法は自分の組織による癒着によってまぶた引き上げるようにする施術法で、二重のラインに合わせて切開し、切開したラインを縫い合わせて二重のラインを作ります。

 

切開部分が二重ラインになるため、傷が残りにくい治療法ですよ。

 

・メリット

メスでラインを縫い合わせているので、形成した二重ラインは取れにくいです。

 

一度切開して二重を作れば、自然に傷口が癒着して二重になるため、埋没法よりも高い効果が得られるでしょう。

 

また、切開法であれば皮膚のたるみを取り除くこともできるため、シワやたるみが出やすい中高年層でも施術が可能です。

 

・デメリット

医師の腕によって仕上がりが大きく変わってきます。

 

医師の腕が悪いと仕上がりも綺麗にならないので、クリニック選びが重要になるでしょう。

 

また一度施術してしまうとやり直しはできず、元に戻せません。

 

ダウンタイムに関しても埋没法に比べると、長くなるでしょう。

 

二重整形のクリニック

東京中央美容外科

https://tcb-beauty.net/menu/double-eyelid_190107

二重整形の症例数は150000件以上
ダウンタイム&痛みが少ない施術「TCB式1dayクイックアイ」
丁寧なカウンセリングで理想の二重まぶたをシュミレーション

東京中央美容外科は国内最高峰の症例数150000件以上を誇る美容クリニックです。

 

理想の二重を徹底追及し、腫れや内出血などダウンタイムが短く、学校や職場で気づかれたくないという女性でも施術しやすいでしょう。

 

TCB式1dayクイックアイは、まぶたの腫れを軽減することよって早い段階でのメイクも可能です。

 

使用する器具にも徹底的にこだわっているので安全性に関しても信頼できますね。

 

また施術で使用する麻酔は、患者さんの希望に合わせていくつか麻酔を併用することもできます。

 

痛みに弱い患者さんでも不安を取り除けますし、痛みの少ない手術を心がけています。

 

湘南美容クリニック

https://www.s-b-c.net/lp/affili/eyelid_ab/

充実のアフター保証付きで安心施術
なりたい目元に近づけるデザインが豊富にそろっている
二重整形の独自メニューが豊富にそろっている

湘南美容クリニックはこれまでに蓄積した二重整形施術のノウハウを活用した、独自の施術メニューが豊富な美容クリニックです。

 

埋没法と切開法に独自の技術をプラスしたバリエーション豊かな二重整形プランから好きなものを選択できますよ。

 

クイックコスメティーク法は糸の通し方が工夫されているため、術後すぐのメイクも可能。

 

施術時間も15分程度とスピーディーで、施術後は腫れにくく傷跡も目立たないため、周囲にもばれにくい二重整形ですよ。

 

最新の設備を整えており、安全性もばっちりです。

 

品川美容外科

https://www.shinagawa.com/

埋没法、切開法など豊富な施術メニューから選択
二重整形+目元のたるみ取りなどアンチエイジング施術も可能
安定した施術でありながら良心的な価格設定&安心の1年保証付き

品川美容外科は全国に38院ある創業32年の老舗美容クリニックです。

 

メスを使わずに二重を作る埋没法の他、目頭切開法や上まぶたの脂肪取りなど様々な二重整形法を用意。

 

二重まぶただけではなく、目元のたるみ取りなどアンチエイジングケアにも力を入れていますよ。

 

医師のカウンセリングは何度でも無料で受けられるので、希望する二重になりやすいでしょう。

 

価格もリーズナブルな設定で、BMC会員になればさらにお安く施術を受けられます。

 

二重整形って安全?跡や後遺症などは大丈夫?

二重整形をする時に一番気になるのは、跡が残るのか、後遺症は大丈夫なのか?という点でしょう。

 

埋没法であれば傷をつけていないので跡が残ることはありません。

 

また切開法においも傷の部分が二重のラインになるので、施術跡はほとんど気になりませんよ。

 

二重整形施術は後遺症も残りにくく、安全な施術方法といえるでしょう。

 

ただ治療後でも、加齢によるまぶたの変化は起こります。

 

埋没法で施術をした場合、二重の幅が狭くなったり、ラインがなくなったりすることもあるでしょう。

 

二重整形ってバレる?バレない?

周囲に整形したことがバレるのはイヤ…という人は多いでしょう。

 

明らかに今までと違う二重まぶたになった場合、周囲に気づかれてしまうでしょう。

 

ある程度無理のない自然な幅の二重であれば整形をしたとはバレにくいです。

 

また、施術後ダウンタイムがある状態で、人に会うと整形をしたことがバレてしまいます。

 

腫れが落ち着くまでは、なるべく人と会わないようにすれば整形したとはバレにくいでしょう。

 

二重整形ってどれくらい持つ?アフターケアなどの保証は?

埋没法での施術であれば約半数が、3〜5年ほどで一重に戻ってしまうと言われています。

 

ただまぶたが薄く、幅が狭い二重を埋没法で施術すれば10年以上持続する人もいます。

 

一方、切開法であれば半永久的に二重を持続できますよ。

 

二重整形後のアフター保証が充実しているクリニックも多く、二重ラインが取れてしまった場合、再手術に応じてくれます。

 

保証期間は各クリニックによって異なりますが、1年以内であれば無料で再手術をしてくれるところが多いでしょう。

 

二重整形後はメイクってできる?

埋没法であれば3日程度〜メイクをしてもOKですが、1週間程度は様子を見た方がよいでしょう。

 

切開した場合には術後1週間程度で抜糸になります。

 

抜糸が終わればアイメイクが可能になりますが、2週間程度はメイクをしない方が安心です。

 

施術後すぐにアイメイクをしてしまうと、腫れが長引いてしまうことがあるので1〜2週間程度はアイメイクは避けてベースメイクのみにしておきましょう。

TOPへ